お好み焼きなら 道とん堀各店舗へ!

お好み焼きを食べるなら道とん堀 へ

お好み焼き 道とん堀へようこそ!

忘年会の流れを把握しよう

忘年会の流れを把握しよう

忘年会当日の進め方

やってきました忘年会当日!若手の新人社員が幹事をお願いされることが多いようですが、「失礼があったらどうしよう…盛り上がらなかったら」など、最初はみんな不安でいっぱい。しかし、ここまで準備をしてきたのです!自身の幹事でみんなが盛り上がってくれたのなら嬉しいですよね!前向きに頑張りましょう!

ここでは、当日の司会の進行と共に、挨拶やマナーについてご案内をします。

まずは、以前の忘年会の流れや内容、様子を先輩社員に聞いておきましょう。
特にこだわった形式がなければ、基本的な流れを参考にしていきましょう。
幹事はあくまでも裏方。【忘年会のマナー】でも解説したように司会は橋渡しと思って進めてください。
あくまでも皆さんがスムーズに次に移れる様、大きな声ではっきり、サラッと行うのがポイントです!

忘年会の流れと挨拶

1.開会の挨拶
代表者の挨拶:会社で1番目に偉い人にお願いしましょう。
「それでは時間がまいりましたので、そろそろ始めさせていただきたいと思います。
わたくし、本日この忘年会の幹事を務めさせていただきます〇〇課の〇〇です。宜しくお願い致します。まずはじめに、〇〇社長より、一言お言葉を頂戴します。」
2.乾杯の音頭
代表者の挨拶:会社で3番目に偉い人にお願いしましょう。
「ありがとうございました。続きまして〇〇部長より乾杯の音頭をお願いしたいと思います。皆様、お手元のグラスをお持ちください。」
3.宴会の説明
「今夜は〇〇〇宴会の内容説明〇〇〇〇〇〇〇となっております。ごゆっくりとお楽しみください。なお、宴会終了時間は〇〇時となっております。」
4.余興・表彰
「それではこの辺で〇〇ゲームを始めたいと思います」〇〇さん宜しくお願い致します。や「それではこのへんで〇〇賞を発表したいと思います」など。
5.締め
代表者の挨拶:会社で2番目に偉い人にお願いしましょう。
「さて、宴もたけなわでございますが、皆様と楽しんで参りました今年の忘年会も残念ながら、お開きとの時間となりました。締めのお言葉は〇〇課長にお願い致します。」
「ありがとうございました。以上で忘年会をお開きとさせていただきます。皆さん、ありがとうございました。」
6.二次会
「二次会に行かれる方は、お誘い合わせの上、自由参加でお願いいたいます。それでは本日はどうもありがとうございました。」

まとめ

忘年会では、挨拶をしていただく方の中に、お話に集中してしまったり、早くからお酒が回ってしまう方もいらっしゃいます。今回ご紹介した進め方はほんの一例ですが、会社の傾向や自分なりの、やりやすいやり方を考えてみましょう。何れにせよ、スムーズに進めるのは、次の出番の方の状況を確認しつつ司会業をこなす事がポイントでしょう。
出番が近くなったら声を掛けておくなどの心配りもあれば、幹事としての評価もグッと上がるかもしれません。
何が起こるかわからない当日。台本をメモに書いておくなど、出来る事は前もって行うのがいいですね!

Copyright ⓒ All rights reserved.